小心者でも言いたいことがある。

公務員として働いていましたが、うつ病になりました。

うつ病=メンヘラなんですか?(激怒)

こんにちは。中瀬一菜です。

今日は、前々から気になっていた「メンヘラ」について、現役☆うつ病患者のわたしからお話したいと思います。

ー目次ー

 

 

1 メンヘラって言った奴、表出ろ(激怒)

ええ、わたくし、うつ病を患っていますが、所謂「メンヘラ」ではないと強く自負しております。

きっと、他の患者様方も、おなじお気持ちでは…?メンヘラなんて呼ばれたら嫌な方、多いのではないでしょうか。

わたしは別にリストカットしないし、束縛系でもないし(むしろ連絡とかめんどい)、精神的な病気を抱えていることを原因や理由にして他人を困らせたりなんかしません。いくら正常な判断能力が落ちてるとはいえ、そんなことはしない。

わたし=うつ病患者までなら許す。これは事実の提示である。

でも、そこから=メンヘラにつなげられるのは、非常に腹が立つ。

 

では、なんでこんなに腹が立つのか…ちょっと冷静に・理論的に考えてみたい。

たぶん、ネット上に蔓延る「メンヘラ」という言葉が使われる場面を見て、なんとなく「メンヘラ」のもつ意味を感じていて、だから嫌なんですよね。

じゃあ、「メンヘラ」って何???という話であって…実ははっきりと定義はコレ!とお示しできないわたし。なんとなくの語感しかない。

ということで、まずは「メンヘラ」とはどういう意味かをはっきりさせようと思います。

 

 

2 メンヘラの意味はコレ

インターネットを使って、「メンヘラ とは」「メンヘラ 意味」と検索をかけてみました。たっくさんのページがヒットしたのですが、辞書的に解説しているものをいくつか紹介したいと思います。

語源は2ちゃんねるの「メンタルヘルス板」より由来する。メンタルヘルス板とは「心の健康」について取り扱う板。

2ちゃんねらーの間で「メンタルヘルス板にいるような人間」をメンヘラーと略されるようになり、それがメンヘラになった。主に心に病気を抱えた人について使われる言葉として扱われている。

差別的な意味を含む場合もあるため扱いには注意しよう。

メンヘラとは (メンヘラとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

精神疾患をわずらっている人」を指す俗語。メンタルヘルス(精神衛生)が略され「メンヘル」となり、さらに「~する人」を表す英語の接続尾「er」がついたもの。主にインターネットスラングとして用いられている。

メンヘラとは- 日本語表現辞典 Weblio辞書

精神疾患精神障害を持つ人」という意味。

メンタルヘルス」(心の健康)という言葉が匿名掲示板の2ちゃんねるなどで「メンヘル」と略されるようになり、さらにそれに -er 形がついて「メンヘラ」という言葉が生まれた。

精神障害」などよりは柔らかい言い方であるという意見もある一方、この言い方を嫌う人も多いので、使用には注意が必要。関連語に「ヤンデレ」「基地外」など。

メンヘラとは - はてなキーワード

「精神が病んでいる人・行動が超ネガティブで異常な人」

という人を表す言葉です。

ネット用語の解説サイトに「精神障がい者」など書かれている場合がありますが、
実際には障がい者とまでいかずに、ちょっと精神が普通ではない人全般に使います。
例えば、「すぐ自殺したがる人」とか、「リストカットが癖」など、
「とても病んでいる人」と考えるといいでしょう。

この意味をより理解するには、メンヘラの語源を知らないといけません。
メンヘラは最初、2ちゃんねるの「メンタルヘルス板」の住民のことを意味していました。
メンタルヘルスを略して「メンヘル」、
そこに通う人だから「ラー」を付けて、メンヘラー → メンヘラです。
よって、最初はただの板の住人のあだ名見たいなものだったのですが、
次第にその住民の中でも特に精神が異常に見える人などを表す意味と変化しました。

現在では板に住人を表すというよりも、
「精神が病んでいる人」を表す方が一般的です。

メンヘラの定義は明確ではありませんが、、
ちょっと頭がおかしいという理由だけでメンヘラ認定するのは止めましょう。

メンヘラの意味とは

 

…といった感じ。「メンヘラ」の意味などをまとめると、

  1. 匿名掲示板発祥の言葉。今は掲示板の中だけではなく、広く一般的に使用される。
  2. 「心の病気を持った人」「精神障害を持つ人・患っている人」「精神が病んでいる人・行動が超ネガティブで異常な人」という意味。
  3. 差別的な意味がある・この言葉を嫌う人がいる。

以上3点でしょうか。

特筆すべきは2ではないかと。ここに言う精神障害」「心の病気」というのは、医学的な意味を指すのかどうかは微妙だというところです。というか、コレといった明確な意味がありません。

だって、医学的な診断で病気ですねと言われていない人でも、メンヘラだと思われるような人、いると思いますし。いや、そもそもそんなのメンヘラって言わないよ・それは言葉の誤用だよ、と言われればそれまでですけど…

わたし的には、「他人から見て心のバランスがおかしい」くらいの意味合いがあるかもね、と考えています。

わたし的に、最後に紹介した記事が最高に良いこと言ってる!!!と思いました。あと、ちゃんと調べる前に考えてたの意味に近い気がします。

 

 

3 他人によるメンヘラ認定ほどツライものはない

ちゃんと意味を調べてみて、明確な意味が存在しないこと・差別的な意味を持つことが分かりました。

では、巷で蔓延る「メンヘラ」を悪者(とは断言できませんが、わたしはそう捉える)にした記事って…?

 

わたしは、婚活系をあげます…!!!

実際に婚活についていろいろ調べていた際に、わりと傷つきました。ちなみに、わたくしの婚活事情についてはこちらをご覧くださいませ。

me10s2ct.hatenablog.com

あれはなかなか心を抉るものがある…婚活によくある、がつがつした感じというか、合理主義を極めたような感じ。心抉られながらも、納得してしまう自分がいる…

メンヘラと言っても、上記でまとめたように意味が明確化していないため、記事によってメンヘラが指す意味が異なっていました。

ただ単に「精神的に不安定でおかしい人」というのもあれば、ズバッと「うつ病」と書いているものもありました…

 

こういう意味のハッキリしていない言葉を色んな人が使って、その人たちが方々でいろんな発言をすることによって、チキンなうつ病患者であるわたくしはザックリと傷ついてしまう…貰い事故状態というか…

今思えば、きっと傷つかなくてよかったんだと思います。そんなあやふやな言葉の意味を自分にいちいち当てはめて一喜一憂するなんて、もう馬鹿らしい。もっと強く自分を持っているべきでした。

なんというか、言葉って難しいなぁ~~~と思い知らされました。言葉はちゃんと意味が決まってないと意思疎通ができないんだなぁ。なんて初歩の初歩的な、でもとても大切なことに気づけたのでしょう…

 

 

4 宣誓!わたしは!メンヘラじゃ!ないでぇす!

わたしとしては、もうメンヘラかどうかは、各々で宣言してしまえばいいじゃない!!!という結論に至りました。

メンヘラの言葉の意味はだいたい似ているけど、使う人によって異なるもの。だったら、自分がメンヘラかどうか考えればいい。それに、他人様がメンヘラが~と言ってきても、それが自分の考えるメンヘラの意味とは違うのならスルーしてしまえばいい。

 

いろいろと難しくあれこれと調べて回りましたが、結論はとってもシンプルでした。

とりあえず、わたしの考えるメンヘラの意味は、「精神的に不安定で危なっかしい人」ですので、わたしはメンヘラには当てはまりません!以上!他人様のメンヘラに関するご助言は、自分の都合のいいように取捨選択いたします!悪しからず!押忍!

 

うつ病でも、婚活すればいいし、恋愛はもちろん楽しめばいいし、というか、うつ病なんてだれでも発症しうる病気だし…そんなメンヘラだ~って悪く言うなよな~と達観し始めました。

同じように傷ついたことがある方。そういうあなたはメンヘラなんかじゃないよ~~~

もう自分に自分で表彰状を上げたい( ^ω^)…

こんにちは。中瀬一菜です。

今日は今週のお題についてお話したいと思います。

今週のお題「表彰状」

 

実際に貰ったことは…何度かあります。そりゃそれなりにお姉さん()ですし。

皆勤賞とか、読書たくさんしたね賞とか、それこそ卒業証書、公務員になったときの辞令って入れていいんですかね入るならこれもだし、成績優秀だね賞もあります。

 

ちょっと自慢したいのは、就職してから貰った「劇がうまくできたね賞」ですかね…

研修の一環で、何人かのグループで社会人として心得るべきことをテーマにした劇を作って演じることが課題にありまして…めっちゃ面倒くさいですよね

わたしはなにがなんでも人前で演技なんて絶対にしたくなかったので、誰よりも先に手を上げて脚本を担当する!!!と言って逃げました。

このころは、まだわたしの夢である脚本家をはっきりとは目指していなかったですが…なんとなく作家っぽいものになりたい欲はあって、それなりにちゃんとした構成の劇を作って発表しました。

そしたら、メンバーさんたちの頑張りも大いにあって、なんと1位に選ばれて。

今までもらったどんな賞よりも、それこそ成績優柔だね賞よりも、うれしかったなぁ。

これをきっかけにというか、頭の片隅にこの出来事があって、脚本家になろうと思えたのかも…となんとなく思います。

 

…とまぁ、なけなしの表彰状に関するいい思い出をお話してみましたが、ぶっちゃけリアルな表彰のお話は、別に特別だと自負できるだけの思い入れはなく…

去年の夏からうつ病で休職して、なーーーんにもできなくなったことを経験した身としては、そんな大きな何かを成し遂げなくても、人間生きてるだけですげぇじゃん!!!と思います。こっちのほうが、リアルな表彰よりもずーーーっと重要です。

おぉ~?いま目ェあけて、パソコン操作して、文字打ってんのか?それも自分で考えた文章を?オメェ天才だな~~~!!!(CV.野沢雅子様)と言いたいくらい。

もう、わたし、画面の向こうの皆々様を表彰しちゃう!みんなすごいよ。だって生きてるんだもん。息してるんだもん。毎日大変お疲れ様です。アッ閲覧大変ありがとうございます。

 

加えて、病気になったことで、いかに普通に仕事ができて、自由に遊べることが、尊いかよく分かりました。

ただ生きるだけでもすごいけど、元気に生きてる皆様はもっとすごいです。表彰状に併せてトロフィーもつけちゃう…!!!

時間がない~~~お金がない~~~とかほざいてた頃がわたしにもありましたが、それだけできる元気があるなら、なんでもできるよって言いたい。

ちょっとの度胸と地に足着いた慎重さがあれば、いつだって海外旅行に行ける。いつだって彼氏を作ってデートもできる。

というか、なんの用心もなく、ただ元気でさえいれば、いつだってお友達とランチしたり女子会したりできる。あの日の天気はどうかな、気圧低いかな、病院いつ行くんだっけ、カウンセラーさんに渡されてる生活記録表に書かなきゃとか…考えなくていい。

 

あと!女性の皆様に強く言いたい!ファッションもメイクを楽しめるのも、すっごくすっごく尊いんだぞってこと!!!病気になれば外出しないし、もう全部不要ですから。お金も入らないし、できません。

欲しいメイクの品々、たっくさんありますが、わたしはどれも買っていません。ディオールのリップ、クリニークの下地とクリーム、エスティローダーのファンデーション、ルナソルのアイシャドー…ぜーんぶ、今のわたしには使えないですから。お洋服もそうです。着ていく場所がありませんから。

 

甘すぎますかね…この考え。

でも、わたしはこれくらい自分や周りの人を大切にしたいなぁと思います。

自分に甘く。他人様にはもっと甘く。厳しくするのはお仕事相手の締切りだけで充分!笑

自分の居場所を勘違いしてるかも問題

こんにちは。中瀬一菜です。

今日は、普段からうっすらと考えていた居場所について、文字に起こしてまとめようと思います。

 

人間、生きているといろんな顔があって、いろんな居場所があると思います。

たとえばわたしの場合は、ざっと考えてこんな感じ。

  1. 家族の中でのわたし(両親の娘で、実家暮らし、未婚)
  2. 職場の中でのわたし(某課の某グループの某事業の担当者)
  3. 友人の中のわたし(小中高大・予備校、それぞれ異なるグループの中の一人)
  4. 素人脚本家としてのわたし(シナリオ・センターで勉強したり、公募に出したり)
  5. SNS等ネットの中のわたし(このブログの執筆者、TwitterのID×××の中の人)

個人は複数の顔を持っていて、その顔の数だけ居場所がある。私はそう考えています。

たくさんの顔があればあるほど、自分という存在を薄く広く伸ばすことができて、それだけ複数の居場所に言葉を言い換えれば依存をすることができて、仮にどこかの居場所で悪いことが起こってもそのほかの居場所に逃げ込むことによって正気を保てる。自分の顔は多くあればあるほど良いと思います。

 

 

けれど、この顔ー居場所と言い換えてもよいーが、ずっと永久的に存在し続けるかというとそれは違っていて、その時その時の自分の能力や選択によって無くなったりするものだと思います。

その居場所がなくなるとき、わたしはなんとなく肌で分かるというか、居場所だと思っていな空間に拒絶されるような感覚があります。

むしろ、この居場所がなくなるという感覚に鋭くないと、依存先を持っておくという意味での居場所の効果が、損なわれるような気がしています。

 

過去に仲の良かった友人。でも、最近は仕事やその他様々な理由から、まったく連絡を取っていない。

学校。自分が進学して卒業したけど、先生は懇意にしてくれている。

職場。異動をして無関係になったけど、自分が過去にした仕事のことは後任者に今でも質問される。

 

上記の場合、わたしは、居場所が一つ無くなったなと判断して、そっと距離を取るようにしています。もちろん、この時、居場所が無くなったなと肌で感じていますよ。

居場所というのは、思うに、自分から距離を取らないと、いつまでもその名残がついて回るものです。「昔のあなたはそうだったね」と語られてしまうのが可能なのですから、自分がこの居場所は無いものだと思っていても、「そういう居場所が過去にあった人」という色がついてしまう。

別に、ついたままの色もあると思います。どこそこ大学の卒業生、なんとか事業の担当者のような、自分にとってこれから先の未来で何らかのプラスになると思えるのなら、すでに居場所は無いと思っていても切り捨てずに保管すればいい。

逆に、色がついていることで不利になることがある場合は、即刻消し去るのが賢いのではと思うのです。たとえば、過去にその居場所に属していたこと自体が恥だとか、そういう場合。

 

こういう居場所の増えたり消えたりという大きな流れが「ご縁があった/なかった」という言われ方をするのだと思います。

自分の顔、居場所、色、縁。いろんな言い回しは可能でしょうが…言葉遊びの範疇でしょう。どうも、こういう自分勝手に名前を付けて設定をすることが好きな質でして。

なんとなく、日本人なら、「ご縁」と言えばそこはかとなく儚さを感じて、親しみがあるのではないでしょうか。みんな桜が好きなように。わたしとしては、居場所が無くなるというニュアンスをそういう風に捉えことが好きです。無くなるというマイナスなイメージを、自分勝手ではありますが、綺麗に飾ることができるので。

 

 

でも、逆に、自分はここに属している信じている居場所こそ、実は無くなっている居場所であるということもあると思っています。「わたしの○○の仕事は、わたし以外にできないんです!」「わたしがいるからこそ○○は上手くいってるんです!」など…最近はよくブラック企業で苦しむ方がそう思われることが多いような…僭越ながら、そう思いつつニュース記事を見ることがあります。

わたしは、自分がそういう風に思い始めたときは、よくよく周囲を観察するようにしています。そういう思い上がりによって、その居場所を共有する他人に自分の気持ちを押し付けて不満等を我慢させることがあると思っているからです。

 

ただの不満ならまだかわいいものです。お前なんかいなくなれと、思われているかもしれません。

他人様に不愉快な思いをさせてまで、自分の居場所を持っておくのはちょっと違うような気がします。なにより、他人のそういう強い念(ちょっと宗教臭くて申し訳ないです)はあんまり良いものではないと思います。

 

こういう場合、自分ではなかなか気づかないものです。だって、自分で盛り上がって気持ちよく完結しているのですから、疑って気持ちの持ちあがりに自ら水を差すなんて、普通ならしたくないはずです。気持ちがいい居場所と認定してそこに依存すれば、自分の精神面を相当補強できますし。

なので、わたしは、そう思い始めたら、問答無用で少し居場所と距離を置いて一緒に居場所を共有する仲間を観察するようにしています。

きっと気づかないふりをしている方が、人生をうまく乗り切る方法としては賢いのでしょうけど、変に潔癖な性格の関係上、そうともいかないのです。

別に、こんな潔癖に対処する必要なんかないのですけどね。だって、自分の感覚というか、そういう見えない部分の管理の問題ですから。

 

 

わたしは、自分とは「ご縁」のない居場所になったと判断した場合は、さっぱりと関係を断ち切るようにしています。

御陰さまで、腹を割って話せる人間はごくわずかしかいません。今でもわたしと一緒にいてくれる人には頭が上がらないです。きっと、その人の努力もあって、居場所を共有できていると思うので。

もしかしたら、わたしの早とちりで無くなったと思ってしまった居場所もあるかもしれません。そうおもうと、申し訳ないし、もしかしたらとありもしない仮定の今を想像してしまいます。

 

居場所が無くなるとき。すごく儚い。その場で過ごした時間が、走馬灯のように流れ、「無くなってしまった」というマイナスなイメージを纏い、全体的に「よくない思い出」になってしまう。

でも、そういう風に居場所が一つ消えれば、次に新しい居場所が増えるかもしれない。いや、増やしていかないといけない。それは、無くなってしまった居場所よりも居心地がいいかもしれないし、一生ものの居場所になるかもしれない。

そうやって自分で自分の居場所や思い出を綺麗に飾って散らせていく。

ちょっとナルシストっぽい考え方ですが、わたしとしては、そういう風にした方が生きやすいのです。

…また自分しか分からない記事を書いてしまった感がありますね。

うつ病の治療には運も必要?

こんにちは。中瀬一菜です。

今日はうつ病の治療のことで前々から謎だったことを主治医に質問しましたので、ここに共有したいと思います。

ー目次ー

 

 

1 わたしの治療経過

わたしの治療については、いくつかの記事に書いていますが、ここで時系列をはっきりとさせつつ、お話したいと思います。

  • 2017年夏 発症。現在の病院で主治医から診断書を貰い、病気休暇開始。異常な疲労感と薬の副作用ー眠気ーに襲われる。ほぼ1日寝て過ごす。食欲が皆無。
  • 2017年秋 病気休職に切り替わり。上司と主治医の面談があった。半日寝ていれば大丈夫。車の運転もOK。食欲回復。気分の浮き沈みがある。
  • 2017年冬 コンスタントに職場のカウンセリングを受け始める。寝る時間が徐々に短くなる。気分の浮き沈みが収まる。
  • 2018年現在 職場への復帰を見据えた図書館通いの訓練を開始。午前中からの活動が可能。

初診から約半年で、職場復帰に向けた訓練を始められるまでに回復しました。

なお、処方されているのは、レクサプロのみです。

ちなみに、病気になった原因というか経緯はこちらです。

me10s2ct.hatenablog.com

 

家にいる間は、Amazonプライムでアニメや映画、ドラマを見たり、お菓子やパンを作ったり、編み物や刺繍をしたり、自分の好きな事だけをして過ごしています。

あまり外へは出ません。回復しつつある今でも同じです。

 

食事は特に気を付けてはいませんが、1日3食食べるように心がけています。

ただ、慢性胃炎のため、腸内環境をよくするために、月並みですが発酵食品を多くとるようにしています。あとは水を1日1リットルは飲むようにしています。

 

家族は最初のころはさっぱりぽん理解がありませんでしたが、主治医と親を合わせたことで、改善はされました。休むこと自体に拒絶反応はないですが、今でも早く治るように急かすことはあります。

 

…だいたいこのようなところでしょうか。

おそらく大多数の患者さんと同じような治療を受けているとは思うのですが…

 

 

2 治るペースは人それぞれ…?

そこで、冒頭に戻るのですが、わたしは前々からなんとなく疑問でした。

同じうつ病の患者さんでも、世間一般的かどうかはアレですが、マイナスなイメージとして、何年も治らずに薬漬けになって、仕事もしないで引きこもり…のような方、どこかで聞いたことがあるようなないような…

 

わたしも全く同じうつ病です。(診断名はちょっと違いますけどね)

でも、半年ちょっとで、職場復帰が見えてきました。

 

なんで、同じ病気なのに、こんなにも差があるんでしょうか?

 

なんとなく主治医から聞いていたのは、わたしは薬の効きが良いということだけでしたので、だったら同じような体質の人はいるだろうし、単純に薬だけの話なら、わたしが飲んでいるレクサプロ以外にたくさん抗うつ剤があるわけで、なんらかの対処は可能なのでは???と思ったのです。

というか、なんといっても差がありすぎます。わたしは半年。でも、何年もそんな復帰どころの話じゃない人もいる。同じ人間なのにここまで違うって、どういうこと???

 

そこで、今日は診断書を書いてもらったので、時間を割いてもらったついでに、思い切って主治医に聞いてみました。

主治医「何か気になることありますか?」

中瀬「あの、なんでうつ病の治りって、人によってめちゃくちゃ差があるんでしょうか。わたしは半年ちょっとで復帰がチラ見えしてますけど、何年も苦しんでる方いるじゃないですか」

主治医「うーん、それは難しい質問ですねぇ…」

 

そういって、主治医は、やたらと難し気な医学書?専門書?を引っ張り出し、あるページをわたしに見せてくれました。

わたしは生粋の文系ですので、数学にはやたらと弱く、ちょっと説明をうまく飲み込めてはいないのですが、おっしゃった趣旨はこんな感じ。

 

人の頭の中を科学的ー数字で分析するーと、虚数を用いた難しい関数で表すことができる。これだけ人の頭の中は複雑で、今現在分かっていることも「たったこれだけ」という感じ。

そんな人の頭の中で起きた障害が、うつ病という病気。脳の中の障害の程度や脳のどの部位に障害があるのかももちろん考える必要はある。でも、この病気は頭の中だけで説明できるものではなくて、どういったストレスが原因なのかとか、家庭環境はどうなのかとか、もっともっとその人の周りのことも考えないといけない。

…とすると、あなたはうつ病です、といったところで、その人が抱える病気は、いろんなことを加味して判断しなければならないのであって、同じ病名の人が同じ病気の程度、ではない。

ということは、当然薬の効き目云々も、人それぞれ。

 

正直、くらくらするような数学の話があったので、かみ砕くというより、わたしなりに主治医の言いたいことをニュアンスでまとめた程度のことになりますが…

そして、主治医は本をしまいながら、ちょっと恐ろしいことを言いました。

 

主治医「…とまぁ、難しいところは置いといて、中瀬さんがここまでよくなったのは、素直に回復していっているというか、運が良かったんですよ

中瀬「う、運…!?」

主治医「医者が運なんて言っちゃアレですけどね~」

中瀬「(ほんとうにな…)」

 

どうやら、運、よかったみたいです…

わたしの病気の程度、脳の中の障害のあれこれ、原因になった出来事、ストレスを感じる物事、家庭環境などなど人間関係、薬の効き目などなど、などなど、などなど…

たくさんのいろーんなことを全部まとめてひっくるめて、わたしは、たまたまレクサプロを飲むことで病気が回復して、それも半年ちょっとで復帰がチラつくまで回復できた…ということらしいです。

それっていったい、どんな確率の話なのか…じっくり考えるのが恐ろしい…

まさかこんなところで運がどうとかという話になるなんて、思ってもみませんでした。

 

 

3 うつ病…不思議な病気…

なにはともあれ。わたしはなんとか回復ができています。

たぶん、このまま復職訓練を続けて、慣らし出勤なるものを経て、忌々しいあの職場に戻ることになるのでしょう。

それが、真偽のほどはちょっとアレですけど、主治医曰く運も絡んているなんて…なんだか不思議です…

 

そういや、この病気の良くなっていく過程も、不思議な物でした。

なんにもしないうちに、眠気がすっとなくなって、そのうち気分の上下もなくなって、すっかり元通り…とはいきませんが、発症する前に限りなく近い状態にまで戻っているのですから。

自分が本当に病気だったのかも疑わしい…のですが、でも、よくよく思い出してみると、明らかに元気な人とは違っていたし…うん、確かに病気だった…

主治医も不思議でしょ~?という始末ですし、本当に不思議です。

 

…もしかして、病気平癒のお参りとか、結構大切だったりして。

うーん、西洋医学で診てもらっておきながら、神頼みというのもなんだかちょっと…頭の中がグルグルしちゃいますね…

うつ病からの復帰訓練!~図書館通いの記録~

こんにちは。中瀬一菜です。

今日は、復帰に向けた図書館通いについて実際にやってみた感想をお話したいと思います。ちなみに、復帰にむけて動き出しましたな旨のお話はこちらをどうぞ。

me10s2ct.hatenablog.com

 

ー目次ー

 

 

1 いざ行かん!図書館!

わたくしの住まう地域は、非常に田舎です。どれくらい田舎かというと、街に本屋はなく、コンビニまで車で行かなければならず、頻繁に野生のタヌキやイノシシが闊歩し、かろうじて街の中にある鉄道の駅は当然に無人という…典型的なクソ田舎でして、だいたい想像できるかと思います。

で。一応、図書館はあるのですが、20畳ほどの広さくらいしかなく…せっま!なのですす。こんなところに通うーそれも週に2回、固定された曜日にーとなると、クソ田舎故の狭くも密なコミュニティを最大限活用されて、面が割れるのは時間の問題となってしまうのは目に見えています。別に、病気を隠している…わけではないのですが、変に詮索されるのは非常に不愉快ですので、これはいただけない。

ということで、わたしは、隣町の程々に大きく、程々に人の出入りの多い図書館に通うことにしました。当然、隣町ですので、車で通うことになります。いや、最寄りの図書館でも、車がないと行けないんですけどね…いやぁマジでクソ田舎っすなぁ…

 

サラリと、週に2回・固定された曜日に…と上記に書いていますが、これは職場のカウンセラーさんのご指導によるものです。

生活記録表を記録している旨を何度か記事に書いていますが、とにかく、毎日ないし毎週の行動が、同じ時間帯に行うことができることが、復帰への目安になるらしいです。

ですので、図書館通いも例にもれず、同じ時間帯に行うことが求められています。

隣町の図書館の開館状況やわたしの体調を加味し、わたしは週に二回、午前中の2時間ほど、火曜日と木曜日に行くことに決めました。

 

カウンセラーさんも、主治医も、口をそろえて、「無理をするな」とおっしゃっているので、通学・通勤の意識で行うのではなく、自分の体がどう言っているかに耳を傾けて訓練することにしています。

ということで、初☆訓練の一週間が終わりましたので、感想をつらつらとまとめてみようと思います。

 

 

2 図書館でもそこそこ大変で、そこそこしんどいぞ!

隣町の図書館まで車で10分ちょいです。ド平日の午前中にもかかわらず、結構混んでいました。まず、そこにビックリです。わたし以外の利用者は、中年の女性・乳幼児連れの親子・ご老人…でしょうか。わたしと同じ年代の人はいなかったような…

まず、空いていてわたしが悪目立ちすることはなさそうです。そこのところは一安心です。

 

図書館で2時間の滞在をするのが目標ですので、さっそく時間を潰せる本を探しましたが、それが結構でした。

もともと、活字中毒なところがあるので、本が大好物で集中してしまえばどんどん読んでしまう質でして、あれもこれもと目につきすぎて、この1冊と絞り切れませんでした。

それに、うつ病故に、難しい文章をすぐに理解するのが難しいので(ここのところはまだ全然治っていないんですよね…)、「今のわたしが苦痛なく読めるレベルの本」っていったい何なんだ???なのです。

図書館の中をうろうろすること30分…まったくよさそうな本が見つからず…もうこの時点でちょっと疲れてしまっていました。本末転倒というかなんというか…

 

そこで、わたしって今何に興味があるのか?と考えてみることにしました。ずっと好きなのはFateという作品で…過去の英雄や冒険譚、伝説、神話を元にしたバトル系のアニメというかゲームというかなのですが、スマートフォンゲームにもなっていて、コツコツと暇を見つけては楽しんでいました。

ということで、そういった内容の分かりやすいー平易な文章で書かれた短いものーを探してみました。

そこで向かったのは、海外の児童書コーナー。するとすぐに見つかりました。

モンテ・クリスト伯 (ジュニア版・世界の文学 20)

モンテ・クリスト伯 (ジュニア版・世界の文学 20)

 

 『モンテ・クリスト伯』です。

この作品、普通に読もうと思うと、文庫でたくさんの巻が出ていて、今のわたしではとてもじゃないですが、すべてを読破することはできません、ですが、ジュニア版の本であれば、1冊で完結しますし、本文も非常に平易で読みやすい。

ついでに、Fateでもモンテ・クリスト伯はキャラクターとして出てきますし、この上なくちょうどいい本ということです。

 

早速読んでみると、無理なくスラスラと読めましたので、長時間彷徨った甲斐がありました。

ですが、スラスラ読めすぎで、今度は止めどころが難しい。

図書館で訓練を2時間と区切ったのは、「図書館に通った次の日に疲れが残らない程度の訓練をするため」ですので、いくら本が面白かろうとも、まだまだ読める体力があろうとも、翌日のことを考えて無理のないところをキチンと判断して、自ら止める選択をしなければなりません。

今のわたしには、自分の体がどこまで動いで、どこまで動けば翌日に響くのか、さっぱりぽん分からないので、とりあえず2時間いっぱい読書をして本を返して帰りました。

ですが、ちょっと名残惜しかったので、同じく海外の児童書で以下の3冊を借りて帰りました。すべてFateつながり…

ゲーテ原作 ファウスト

ゲーテ原作 ファウスト

 
ジキル博士とハイド氏 (愛蔵版 世界の名作絵本)

ジキル博士とハイド氏 (愛蔵版 世界の名作絵本)

  • 作者: ロバート・ルイススティーヴンソン,リュドヴィックドバーム,Robert Louis Stevenson,Ludovic Debeurme,Luc Lefort,こだましおり
  • 出版社/メーカー: 小峰書店
  • 発売日: 2010/11
  • メディア: 大型本
  • 購入: 2人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 
湖の騎士ランスロット (愛蔵版 世界の名作絵本―民話と伝説)

湖の騎士ランスロット (愛蔵版 世界の名作絵本―民話と伝説)

 

 

翌日、さっぱり無理をしたつもりはないのですが、疲れてしまいました。

身体的に疲れたというより、精神的にすり減った感じです。たった二時間…それでも今のわたしにはまだちょっと大変なようです。

ちょっと不思議でした。図書館に通う前に、映画館にはたまに行っていたのですが、ここまでしんどくなくことは無かったのです。主治医からは、図書館に通うことは、それなりに疲れるといわれました。まさしくだよ…

それに、なんとなく職場にいるときの感覚があります。不思議です。図書館ですから、公務員的には職場とも言えますが…

これは思った以上に慎重に訓練しないといけないですね。今後は、時間に気に取られ過ぎることなく、ちょっと自分の体調に慎重になりたいところです。

 

 

3 ちょっと遠出してみるのは?

図書館もいいですが、ついでに喫茶店でモーニングを食べるのはどうだろう?と思い立ち、某フランチャイズの喫茶店に行ってみました。

とりあえず、図書館で例のモンテ・クリスト伯の本を借り、その足で喫茶店へ向かいます。ちょうど、食べたいと思っていた限定メニューが出ていたので、カフェオレ(うつ病故のストレスからの慢性胃炎のため、カフェイン薄めを心がけてみました)とトースト、限定メニューを注文。モンテ・クリスト伯を読みながら優雅かどうかは分かりませんが、朝の実験を始めました。

 

結論から言うと、ちょっと微妙でした。

喫茶店はド平日の朝でも混んでました。でも、おひとり様も多くて、そんなにしり込みはしなかったものの、他のお客さんの会話が耳についてしまい、ちょっとゆっくり…という気分にはなれませんでした。

特に、わたしにとってはストレスキーワードの「受験」「成績」「進学」が聞こえてきてしまい、いろいろと考えてしまいました。これではちょっと訓練というにはハードルが高すぎます。まだすんなりと流せるレベルには達していないので…ううん…

 

入店した時間がモーニングが終わるギリギリの時間だったのも敗因かもしれません。この喫茶店は朝早くから営業しているので、図書館での訓練が上手くいって、開館時間よりも早くー通勤を意識してー訓練する分には、ちょうどいい場所ではあると思いました。

どちらにせよ、今の段階ではちょっと早いので、次回は素直に図書館に行くことにします。喫茶店はお金もかかりますからね…モーニングのお値段としては良心的ですけど…

 

 

4 地道に続けよう、でもご無理の無いよう!

とりあえず、訓練をやってみて、疲れてしまったり色々ありましたが、訓練自体を止めようと思うほどではなかったので、このまま引き続き同じ方針で図書館通いをやってみようと思います。

多分、これでちょっとでも図書館行くの嫌だなぁ…と思うようであれば、訓練をするのはまだ早いのでしょう。わたしの場合は運よく今のわたしに合った本ーモンテ・クリスト伯ーに出合えたこともあって、嫌だとは思いませんでした。もう続きが気になって仕方がないんだってばよ…!

 

今は午前中に2時間。でも、復帰すれば、朝8時から夕方5時。

今は「まだこれだけ」ですけど、そうではなく「これだけできた」と思うようにしたいです。だって、ちょっと前まで、朝は起きられなかったし、まともに歩けなかったし、外にも出られなかったし、本は一行も読めなかったんだから。

ここまで回復したことを素直に喜びたい。

とりあえず、ひとつできるようになった。じゃあ、次は何ができるようになるんだろう?

ちょっと子供っぽく、次を楽しみにしつつ、じっくり続けていきます。

アニメ『ボールルームへようこそ』の感想

こんにちは。中瀬一菜です。

家に引きこもっている間は、だいたいパソコンを開いてAmazonプライムでなにかしらの映像作品を漁っているのですが、今日は最近見た作品を語りたいと思います。

 

2017年7月から放送していた『ボールルームへようこそ』です。

なんとなく、タイトルだけは知っていました。何年か前に漫画系の賞に入っていたことを知っていたので。確か、2013年だったでしょうか。

ただ、そのときは、社交ダンスの漫画???ちょっと縁遠いわぁ…と思い、ふうんそういう漫画もあるのね、で終わってしまいました…ばっかやろう…面白そうな漫画はさっさと手を出すのが鉄則だろうが…!

 

今回、幸運にも視聴できたアニメ版がこちらです。

www.youtube.co

一話を見て、まず作画がすっごいと思いました。たぶん、漫画のタッチにかなり寄せてるんだと思います。未読ですけど、目元とかすっごいです。アニメだと何かと気になる作画崩れ…最終話の24話まで見ましたが、ほぼなかったです。すっごく綺麗なアニメでした。

当然ながらダンスシーンがあるんですが、たぶん、お手本的な意味でバランスの取れた絵ではなくて、意図的に部分部分を強調して描かれていると思います。特に、首、腕、足。それがまたダンスの大きな動きを強調していて、迫力があってすごいです。

 

まずは、アニメの作りのほうに目が行くのですが、当然お話が面白くないと、わざわざ感想なんか書かないわけで…ストーリーもまたすごかったです。

主人公は全くの初心者からダンスを始めていくので、わたしの視点=主人公の視点になりやすく、あっという間にはまり込んでしまいました。

面白さがどんどん追いかけてくる感覚です。

スポコン系によくある、主人公には何らかの特殊能力が…!と匂わせる系ではあるものの、それがあまり嫌味というか、現実離れしていないというか、それだけがお話の中心ではなくて。ひとつ進んではまだ上があると気づかされて落ち込んで…を繰り返していて、それがごくごく普通の人間らしいのが良かったです。どうせ主人公有利に話が進むんでしょ?と思いつつも、ほんとうにハラハラしました…

めちゃくちゃオタク目線で語らせていただくと。

わたくし、だいたい主人公は好きにならないタイプでして、今回も当然に主人公ではなく、清春くんが好きになりました…なんだろうこの帝王感…すっごく既視感がある…ちょっと赤っぽい茶髪…うッ頭が…

そういう意味でも(?)大変美味しい作品かと思います…

 

最後に素人脚本家の目線で。

正直、1クール目の終盤あたりは、間延びした感じがしてしまい、ちょっと退屈でした。競技ダンスの大会の構成上、しょうがないかなとは思うのですが、序盤がすごくテンポよく進んていたので、それと比べるとどうしても進みが遅く感じてしまい…

主人公の葛藤も、同じところを行ったり来たり、なにが進展しているのかはっきりしないあたりも、進み方の感覚に影響はあったと思います。(結果的に進展してる!となるんですけどね)

全体的に、なんとなく、主人公の感情の行き先が読み取りにくい…複雑で…という感じでしょうか。わたしだけですかね…それでも圧倒的に面白いのは、なぜなのか…ちょっと説明できる言葉が用意できないですが…

アニメから入ろうとする方、終盤で中だるみがきてしまっても、絶対に最後まで見てくださいね。せめて1クールは…!

 

ついでに布教ですが、このアニメ、オープニング曲はUNISON SQUARE GARDENが手掛けていて、大変盛り上がるつくりになっております。

www.youtube.com

www.youtube.com

わたくし、ユニゾンのファンでして…大変うれしいかぎり…!このアニメは2クール放送されたのですが、その両方でOPを手掛けています。

曲を聞けばなんとなく、そのクールの全体のお話に合った音楽のような気がして、田淵さん(よく動き回るベーシスト。作詞作曲のご担当)大好きっス!ライブ行きます!という気になってしまう…

アニメは少々話数が多いので、ちょっとなぁという方、せめてユニゾン上記ショートバージョンを是非聞いていただきたい。

 

ふふ…今回はアニメだけでなく推しバンドの布教までできてしまいました…

みんなで浸かれば怖くない!このアニメも、バンドも、沼は深いですよ!

 

 

不安になればなるほど悪い方にハマる問題

こんにちは。中瀬一菜です。

今日は、不安についてゴゾゴゾと考えていたことを文字に起こしてみます。

ー目次ー

 

 

1 不安になればなるほど悪い方へハマる

一番顕著だったのは、大学受験です。

ずーーーーーーっと不安でした。ずーーーーーーっと浪人することばっかり考えてました。もう、ずっと。目が開いていれば、想像するのは最悪の状態。最悪の状態に怯えながら、最悪の状態を回避したい!しか考えられず、がむしゃらに行動するしかない…ものすごく苦痛でした。

そんなに頭の出来が良くないというのも一理ありますが、行きたい学部が変えたくなくて、でも我が家は裕福でもないのでお金の問題がついて回って、いいじゃんいいじゃん!行けるところに行っとけば!なんて選択肢はありませんでした。

結果、本当の意味で集中して勉強はできず、あえなく浪人。バーサーカーになりました。

me10s2ct.hatenablog.com

 不安に押し潰されて、思い描いた通りの最悪の状況に落ち着いてしまったわけです。

フラグ回収乙wwwじゃ済まない現実でした…正直、うつ病になって休職している今でも、あの頃ほどのどん底ではないと思っています。それくらいの最悪な状況でした。いや、それくらいの最悪の状況を毎日毎日飽きもせずに想像していた、というわけです。

 

 

2 不安を潰ための努力

「大事な時に限って大失敗する」というのが、わたしの人生に組み込まれたプログラムなのかなと思っていました。

なので、次の「大事な時」って就活。じゃあ、今度は就活で失敗する…?

大学生になってすぐに脳裏によぎったのはこれです。相変わらず、最悪の状況を想像するのが我ながら上手いですね。全然うれしくありません。

 

そこで、わたしは、浪人時代のことを振り返り、「じゃあ死ぬほど勉強すればいい。勉強さえすればどうにかなる」と安直に考えてしまいました。

結果、わたしはお勉強系のサークルに所属しました。毎日毎日、ずーーーーーーっと勉強です。大学生にもなって、毎日毎日自習室と図書館と資料室を行ったり来たりするだけです。ちょっと甘酸っぱくて危なっかしいエピソードなんて、ひとっつもありません。覚えているのは、どこの書庫にどの資料があって、各場所の利用時間と、自習に快適な席の場所だけ。本当に、なんの脚色もなく、謙遜もなく、自慢もなく、ずーーーーーーっと勉強だけ、ほんとうにこれだけをしていました。常に、最悪の状況を頭のどこかで考えながら、です。

 

次第に、わたしは、「大事な時に限って失敗するようになっているなら、その不安をぶっ潰すだけの絶対的な量を勉強してカバーすればいい」と、まさしくバーサーカーじみたことを平気で考えるようになります。

どんどん勉強量を増えていきました。その結果、運が良いのか悪いのか、ほんとうに「不安をぶっ潰すだけの絶対的な量を勉強してカバー」してしまい、成績が優秀な人となってしまいました。

*分かりやすくその頃のエピソードをひとつ。ウチの学部の試験は一行だけの問題に対して、何十分もかけてA3裏表の解答用紙(ただ罫線があるだけ)にひたすら回答を書くもので、そんな試験でわたしは満点を取ったのです…それ以来、教授に一目置かれてしまい、ちょっと面倒くさいことになったことも、あったりなかったり。

明るい将来を望んで、ああなりたい、こうなりたいと夢をもって取り組んでいるのではなく、ただ不安から逃げるようにしていただけなのに…でも優秀な人になることで、君は優秀だねと扱ってもらえることが心地よくて、わたしは優秀なんだと勘違いしたままでいた方が世界は自分に優しい気がして、勘違いをしたままでも生きていけると思うようになりました。

 

…そんなはずが、ないんですけどね。

完全に、浪人時代のことがトラウマになっていました。

本当は勉強ができない自分。馬鹿だと思われたくない。もっと出来るはず。

本当は、全然大したことはなく、すぐに失敗するし、どうってことない事も飲み込めないし、ケアレスミスが酷いし、さっぱり賢くなんかない。

ただ、そういう自分を直視できなくて、自分はなにかを成し遂げることができる人間なんだと、信じたかったんだと思います。

 

 

3 分からないことがあれば調べろ

ここでわたしの自分ルールをひとつ。

分からないことは、自分で調べてぶっ潰せ」です。

わたしの親は学がある方ではないので、中学生の時点で勉強を見てもらうことなんて一切ありませんでした。その頃から、他の学友は親から、姉・兄から教えてもらった、なんて聞いたりしていて、なんとなくウチはヨソとは違うんだと思っていました。

そこで身に着けたのは、自分で考えても分からないなら、自分で答えを探す努力をする、でした。中学生なのに、必死に辞書を引きながら理科の問題を解いたり…負けず嫌いだったからできたことだよな、と他人のように思ってしまいますが…

 

…というようなことがありましたので、就活ーわたしの場合は試験勉強になるのですが、不安で不安で押しつぶされそうになった時、なんとなく浪人のあの頃とおんなじことになるような気がしていて、このままじゃ本当にマズいと思い…

Amazonでひたすら自己啓発系の本を探しました。

 

なぜ本かというと、

第一に、親戚に公務員になった人はひとりもいないし、大学出の人間も一人もいない。

第二に、親に相談しようにも、自分勝手に公務員になるといった手前、相談したところで、じゃあ辞めれば?と言われるのが目に見えている。

第三に、分からないことがあったとき、いつも本を読んで勉強したいた。

…なので、本を選びました。もう、必死です。涙目です。

 

ちなみに、ここまで落ちていると、自分はなんて非力で、なんにもできなくて、ちっぽけなんだろうなぁ…と悟るところまで行きついています。

何気に、この悟りが大事なんだろうなと、今なら思えます。ここまで至らないと、長い間思いあがった頭をリセットすることはできないでしょう。自己啓発の本を読もうとも思わなかったでしょう。

こういう風に考えて、本を探そうと思えたことは、幼いころから刷り込まれた「分からないことは、自分で調べてぶっ潰せ」があったからだと思います。

 

さて、本の事ですが、わたしは運よく良い本に出合えました。それがこちら。

「原因」と「結果」の法則

「原因」と「結果」の法則

 

 この本で救われた部分をご紹介します。

恐怖や疑いに満ちた思いは、優柔不断で臆病な生き方として、つづいて、失敗や困難に満ちた環境として姿をあらわします。

 なんとなく察していたことを、ズバッと指摘されて、やっぱりそうか!と腑に落ちました。そのほかにも非常にためになることがたくさん書いてありました。今でも大切にしている本です。

そして、この本に出合ってから、失敗したら…と考えるのは一切やめて、勉強をした結果、なんとか今籍を置いている所に合格した、というわけです。

 

 

4 気づいて行動するだけ、それが難しい…

わたしの場合は、不安になったらどうなるか、不安な時はどうするか、をすでに分かっているので、対処法はバッチリですが、案外過去のあれこれが引っ掛かったままで「今を生きていない」人、たくさんいるのではないでしょうか。

わたしだって、過去をちゃんと清算して、しっかりと今現在に足をつけて生きているかと言われると、ちょっと目線を逸らして口笛を吹きたくなる気分ですが…

 

やっすい自己啓発系の本だと、「気づきが大切なんです!」みたいに打ち出しているものありますけど、そう簡単に気づけたら本なんか買わねぇよって話でして。

気づけるまでに、いろんなきっかけが必要なんですよね…

わたしの場合は、良いのか悪いのか分かりませんが、幼い頃の学習習慣が役に立ちました。意外と、人生詰んだ~~~というとき、幼い頃ー怖いもの知らずだったころを思い出すと、なにかヒントがあるのかもしれませんね。

 

不安になること自体、慎重に生きている証ですけど、わたしみたいにその先の未来まで不安になるとさっぱりぽん良いことはないので、そこのところはしっかり布教しておきます。今は不安に慎重に、でも未来は明るく楽観的に考えるくらいで丁度いいと思うの…!